プログラムレポート


鉄道信号にかかわる仕事を学ぼう 館外講座の様子(2022年8月5日開催)

8月5日は、協和電工株式会社様にご協力いただき、鉄道信号にかかわる仕事について学ぶ講座を開催しました。

2022年8月5日鉄道信号にかかわる仕事を学ぼう

協和電工株式会社は鉄道信号保安設備の設計・施工・保全をしている会社です。

2022年8月5日鉄道信号にかかわる仕事を学ぼう

現在は、JR東海在来線、東海道新幹線、私鉄各線の鉄道信号保安設備の設計・施工・保全を行っているそうです。

2022年8月5日鉄道信号にかかわる仕事を学ぼう

踏切設備について、丸山先生に詳しく解説をしていただきます。

2022年8月5日鉄道信号にかかわる仕事を学ぼう

人や車が線路内に閉じ込められてしまった状態のことを「とりこになる」といいます。

2022年8月5日鉄道信号にかかわる仕事を学ぼう

緊急事態が発生した場合は、「踏切支障報知装置(非常ボタン)」と「特殊発光信号機(特発)」の出番です。

2022年8月5日鉄道信号にかかわる仕事を学ぼう

踏切事故を防止します。

 

次に、電車運行時の信号機の様子についても解説していただきました。

2022年8月5日鉄道信号にかかわる仕事を学ぼう

鉄道信号機の色の意味は、道路の信号機とはまったく異なります。

よく見かける「駅と駅の間にある信号機」の場合、「赤」は「止まれ」ですが、意味としては、「この先の区間に列車があるから入るな」になります。

「黄」は「減速せよ」で、「2つ先の区間に列車がいる。次の信号は赤だ。そこで止まれる速度で走れ」となります。

道路の場合の「黄」は「原則として止まれ」ですが、鉄道の場合は「止まれる速度で走れ」の意味になるとのことです。

「青」は道路と同じで「進行」となります。鉄道信号の場合、詳しくは、「2つ先の区間まで他の列車はいない。指定速度で進行せよ」となります。

2022年8月5日鉄道信号にかかわる仕事を学ぼう

このような「駅と駅の間にある信号機」の一般的なものを、「閉塞信号機」といいます。

「閉塞」とは、ひとつの区間にひとつの列車しか入れないという意味で、追突や正面衝突を防ぐためのしくみです。

2022年8月5日鉄道信号にかかわる仕事を学ぼう

電車が通過した後の信号機の変化を実際に体験しました。

3人1組で電車になり、信号機が設置されているところを通過した時にボタンを押します。

 

後半は、お仕事体験をメインに行いました。

2022年8月5日鉄道信号にかかわる仕事を学ぼう

外に出て、ケーブル敷設について教えていただきました。

2022年8月5日鉄道信号にかかわる仕事を学ぼう

2022年8月5日鉄道信号にかかわる仕事を学ぼう

2組に分かれて、ケーブルを講座の会場である本社ビルの3階まで引き上げます。

2022年8月5日鉄道信号にかかわる仕事を学ぼう

 

2022年8月5日鉄道信号にかかわる仕事を学ぼう

引き上げが完了したら、配線方法を学び、信号機を動かします。

2022年8月5日鉄道信号にかかわる仕事を学ぼう

ケーブル束を覆っているチューブはとても厚くて、力いっぱいナイフを使わないといけません。

2022年8月5日鉄道信号にかかわる仕事を学ぼう

プロの技ですね。

2022年8月5日鉄道信号にかかわる仕事を学ぼう

2022年8月5日鉄道信号にかかわる仕事を学ぼう

全てが正確に配線されると、「非常ボタン」を押した時に「特発」が光って、電車の運転手さんに知らせます。

2022年8月5日鉄道信号にかかわる仕事を学ぼう

配線を一つ間違ってしまうと、きちんとライトがつきません。

2022年8月5日鉄道信号にかかわる仕事を学ぼう

いよいよ、動作試験です。

2022年8月5日鉄道信号にかかわる仕事を学ぼう

大成功です!

2022年8月5日鉄道信号にかかわる仕事を学ぼう

「非常ボタン」が作動しました。

 

今回皆さんが学んで体験したことは、鉄道の安全な運行に欠かせない大切な仕事です。

2022年8月5日鉄道信号にかかわる仕事を学ぼう

とても貴重な体験をありがとうございました。

2022年8月5日鉄道信号にかかわる仕事を学ぼう

次回開催もおたのしみに!

画像ギャラリー

動画