こどもバザールとは

「こどもバザール」は、
“こどもによる、こどものための、こどものまち”
をテーマに “こども同士”で遊びながら社会や経済の仕組みを
学ぶことができる “おしごとごっこ体験”のことです。

こどもバザールの様子

「こどものまち=こどもバザール」を運営しているのは、
“こども店長”と呼ばれる小学4・5・6年生のこどもたちです。
参加する皆さんは「社員」として、仕事を選び、働きます。
その後、銀行でまある通貨(疑似通貨)の給料をもらい、
そのお金を使って「お客さん」として買い物やゲームを楽しむことができます。

こどもバザールの様子

「こどもバザール」は、小学生を対象に、土日祝と長期休暇の平日に開催しています。
このような “こどものまち” のイベントは、全国に300か所ほどで開催がありますが、
常設で運営しているのは全国で唯一、『ま・あ・る』だけです。

こどもバザールの様子


こどもバザールの楽しみ方(小学生)

こどもバザールの楽しみ方(小学生)

こどもバザールの楽しみ方(未就学児)

こどもバザールの楽しみ方(未就学児)

おしごとの種類について

お店で販売する商品づくりや接客、まちのパトロールや放送など、
様々な仕事を体験することができます。
お店はこども店長が運営していますので、
こども店長の出勤状況により、おしごとの種類・内容がその日、
その時間によって異なる場合があります。
仕事の種類・内容はご来館当日のハローワークでご確認ください。


こども店長について

こども店長について

小学4・5・6年生のこども店長がまちの運営を担っています。
こども店長は社員さんにおしごとを教えるだけではなく、
新商品の開発や販売・促進の方法なども考えています。
また、「こどもバザール=こどものまち」全体の運営については、
こども店長が一堂に会する「こども会議」で話し合いをして決定しています。
こども同士で考え、話し合い、決定して実行することを大事にしています。

こども店長について

こども店長になるには

こども店長をやってみたい方は募集要項をご確認の上、
専用応募フォームからご応募ください。

募集要項

現在、37期こども店長を募集しています
対象 ・・・ 新4・5・6年生(2023年4月からの学年)
応募条件 ・・・ ①月2回以上活動ができること
②小3レベルの算数ができること
③これまでに3日以上こどもバザールに参加したことがあること
活動期間 ・・・ 2023年2月~2023年6月ごろ
給与 ・・・ 時給600まある
応募方法 ・・・ 下記応募フォームからご応募のうえ、研修日のご予約をお願いいたします。応募〆切は、2022年12月13日(火)です。

市長・副市長について

市長・副市長について

こどもたちのリーダーとなる市長・副市長は、
立候補したこども店長の中から選挙によって選ばれます。
まちの運営について話し合う「こども会議」は市長・副市長を中心に行われます。

市長
あいこちゃん

副市長の経験をいかして みんなが活やくできる”まち”にしたい
それを全国に広めます


1.みんなが楽しめるために「税金制度」をけいぞくします
2.みんなの声を聞く取り組みをします。また、それを”まちづくり”に活かします。
3.みんなの活やくを全国に広める活動をします。新たに清水ま・あ・るシティの「せんでん部隊」をつくります。

副市長
かなちゃん

店長さんも社員さんも活動していて「よかった」「楽しかった」と思えるまち

「はじめてさん」にもわかりやすい、「おみせしょうかいムービー」をつくります!
各お店の商品や仕事内容を聞いて、それをまとめて、ムービーを作り、ハローワークで流して、はじめてさんでも”おしごと”が選びやすくなるようにします!

こども店長の保護者の声

こども店長の保護者の声

こども店長の保護者を対象に、毎年アンケートを実施しています。
その結果、約80%の方がこの活動を通して、
「子どもが変わった」と回答しています。

  • 体験をとおして成長できる

    • 今、子どもが「できること」「やりたいこと」「少しがんばればできること」が体験でき、子どもがとても成長しているなぁと感じます。また、子どもにとって、自分の居場所が『ま・あ・る』にはあるようです。
  • 前向きに考える力がつく

    • 「無理」と言うことが少なくなりました。物事に対して、以前よりも躊躇せずとりくむことができるようになったと思います。
  • お金の流れを自然と学べる

    • お給料を銀行に貯金しているようですが「〇まあるになった!」と増えていくことが嬉しいようです。「働く→お給料をもらう→貯金する→使いたいときに大切に使う」ということを自然と覚えたようです。本当のお金にもつながることだと思います。
こども店長になってできるようになったこと

こども店長になってできるようになったこと

こども店長本人たちが回答したアンケートでは、
約70%のこども店長が、自分自身が変わったと回答しています。

  • コミュニケーション力がついた

    • こども店長になって、知らない人とコミュニケーションをとることが多くなり、前より友だちをつくることができるようになりました。違う学校・学年の子と友だちになって、自分に自信がつきました。
  • 積極的になった!

    • こども店長をやってから学校や『ま・あ・る』の話し合いで自分から発表できるようになりました。積極的に色々なことを挑戦するようになり、学校の友だちに「変わったね!」と言われました。
  • 嫌いな自分を変えてくれた

    • 『ま・あ・る』は、嫌いだった自分を変えてくれました!スタッフの皆さんが自分を認め、褒めて、相談にのってくれて…。絶対に下にみないで接してくれたからこそ、今の私があると思います。感謝!
こども店長を終えたこどもたちの活躍

こども店長を終えた子どもたちの活躍

こども店長の経験を積んだ中学生は、
MJV(まあるジュニアボランティア)、18歳以上からはMAS(まあるアシスタントスタッフ)として活躍しています。
こども店長の経験を活かし、こども会議で現役店長にアドバイスをしたり、
大人スタッフの仕事を手伝ったり、プログラム講師を務めたり、運営をサポートします。
MJV,MASは、『ま・あ・る』の運営に欠かせない存在です。

こども店長を終えたこどもたちの活躍