プログラムレポート


白バラを自分色に!プリザーブドフラワーに自分色をつけてみよう 講座の様子(2021年4月24日開催)

4月24日は手作りプリザーブドフラワー指導者のにゃー先生にご協力いただき、プリザーブドフラワーに色をつける講座を開催しました。

 

まずは手元に配られた真っ白なバラをそっと触ってみます。

2021年4月24日_白バラを自分色に!_プリザーブドフラワーに自分色をつけてみよう

皆さん恐る恐る、ゆっくりと触って、プリザーブドフラワーの感触を確認します。

「おうちにある、本物の花の方がちょっと柔らかいかな……?」

「これは造花なの?」「何で出来ているの?」

皆さんから色々な質問が飛び出しました。

 

「プリザーブドフラワー」は生花のような柔らかい状態でお花を長期保存できるように、特別な保存液につけたものです。

今回はその中でも一回脱色をして、真っ白に染め直したものを先生に用意していただきました。

 

 

ピンク、黄色、青の3色のリカラーリング液を使って色をつけていきます。

広いところは太めの筆で、細かいところは細い筆で色をつけます。

2021年4月24日_白バラを自分色に!_プリザーブドフラワーに自分色をつけてみよう

 

緑や紫などの中間色を作りたいときは、リカラーリング液を重ね塗りして表現します。

塗る液の分量によって、出来る中間色も微妙に変わるので、楽しみのひとつです。

2021年4月24日_白バラを自分色に!_プリザーブドフラワーに自分色をつけてみよう

 

しっかり色が塗れて、乾いたら専用の土台に乗せます。

乗せた後に、アジサイのプリザーブドフラワーを周りに配置していきます。

2021年4月24日_白バラを自分色に!_プリザーブドフラワーに自分色をつけてみよう

2021年4月24日_白バラを自分色に!_プリザーブドフラワーに自分色をつけてみよう

真ん中にバラを置いて、綺麗に見える配置を探して、慎重に、ピンセットを使いながら作業をしました。

 

ふたをしたら完成です!

2021年4月24日_白バラを自分色に!_プリザーブドフラワーに自分色をつけてみよう

 

みなさん自分色の世界でひとつだけのプリザーブドフラワーが出来ましたね。