プログラムレポート


プラバンや・デザインショップ コロナ禍第5回こども会議の様子:バザール日記(2020年11月22日開催)

11月22日は、『プラバンや』と『デザインショップ』の第5回こども会議を開催しました。

■プラバンや

社員さんの仕事内容を考えるチームと、体験型の方法を考えるチームにわかれて準備活動をしました。
まず、社員さんの仕事内容を考えるチームは商品を作ってもらうために使ってもらいたい台紙を選びます。
2020年11月22日_プラバンや こども会議⑤
女の子の好みによりがちなことを考えながら、「男の子好みのものもつくりたい!」、「男女関係なく選んでもらえる商品もいいね」と話をしながら決めました。
2020年11月22日_プラバンや こども会議⑤
途中、男性スタッフに意見を聞く場面も。
男の子は収集癖があるから、同じ図柄で色違いの商品があるといいかもね」など具体的なアドバイスをもらっていました。
社員さんには商品づくりと接客の仕事をしてもらう予定です。  
体験型の運用方法を考えるチームでは、社員さんの仕事と、お金(まある通貨)を払って体験するお客さんの内容をどうしたら差別化できるのか考えます。
2020年11月22日_プラバンや こども会議⑤
予約方法や、体験方法を考え、実際にお客さんに体験して作ってもらうものを試作します。
2020年11月22日_プラバンや こども会議⑤
2020年11月22日_プラバンや こども会議⑤
体験では、お客様にお金(まある通貨)を払ってもらい、自分の名前入りプラバンを自分で作ってもらうことができます。
歴史のあるプラバンやで「体験型」を取り入れるのは初の試み!楽しみです!

■デザインショップ

デザインショップの仕事内容や販売するものの確認をしました。
そのうえで、社員さんにデザインしてもらう「テーマ」を考え、スケジュールをつくりました。
開催日ごとに、テーマが変わります!
その後、2人1組でデザインのおしごとの教え方練習をしました。
前回の教え方研修から1か月がたっていますが、そのときにメモしたものを頼りに、自分の言葉で説明していました。
2020年11月22日_デザインショップ こども会議⑤
2020年11月22日_デザインショップ こども会議⑤
練習後は、商品になるデザインを店長自ら作成。
かなり集中してつくります。
2020年11月22日_デザインショップ こども会議⑤
2020年11月22日_デザインショップ こども会議⑤
最後に、デザインショップでセット販売する予定の「おしごとノートケース」を、さらに集中してつくります。
2020年11月22日_デザインショップ こども会議⑤
2020年11月22日_デザインショップ こども会議⑤
さすが店長!30分で40個も在庫が完成しました。
残りは宿題で、持ち帰って作ってくることに。
プラバンやとデザインショップは、『プレおしごとごっこ体験in清水ま・あ・るシティ』まで残り1回の活動となりました。
最終回は、お店の目標を決め、お店をセッティングします。
「おしごとごっこ体験in清水ま・あ・るシティ」に参加したい!という方はこちらから☆

 

【プラバンや 第5回こども会議】

 

【デザインショップ 第5回こども会議】