プログラムレポート


スタッフ研修を実施しました (2020年10月21日)

10月21日、ま・あ・るの休館日にスタッフ研修を行いました。

スタッフ研修は、年に2~3回実施しています。

 

午前中は防災について学びました。

避難訓練、119番への通報訓練、消火器の取り扱いについての研修です。静岡市消防局の方にもお越しいただき、お話を伺うことができました。

20201021スタッフ研修

 

10月21日スタッフ研修

 

今回は、地震などによる停電を想定して発電機の動作チェックを行いました。

ま・あ・るにあるものはガスボンベを使用するタイプの発電機で、ガスボンベ2本を使用して約1時間の発電が可能です。

いざ発電しなくてはならなくなった場合、どのくらいのガスボンベが準備されていないといけないのか、取り扱いの注意点などを学びました。

10月21日スタッフ研修

 

10月21日スタッフ研修

 

また、近隣の避難所を回り、ルート確認をする防災散歩も行いました。静岡市防災マップをみながら避難所まで全員で歩きました。

 

実際の災害の際には、歩いて避難所へ向かうことになるので、どの道を通るのが安全なのか、時間はどのくらいかかるのかなどを確認することができました。

 

午後はLGBT等への理解を深める研修会です。『しごと・ものづくり講座』でもお世話になっている(株)えての安池中也さんによる講演会です。

10月21日スタッフ研修

安池さんは、ご自身の子供時代から今日に至るまでの経験や葛藤、その時々の想いをじっくりとお話くださいました。
「LGBTに限らず、誰もが何かのマイノリティーのはずです。子どもたちがそれぞれに抱える生きづらさに向き合ってほしい」と力強く伝えてくれました。
また、「LGBTという言葉の理解を超えた、心の理解が進んでいってほしい」と訴えます。
最近では教育現場でもLGBT等についてどのように対応するのがいいのか、様々な議論がなされているそうです。
こうするべき、という正解がないことなので、まずは知ること、当事者の気持ちに寄り沿い理解しようとすること、その上で、それぞれができることからはじめることが大切だと教わりました。
ま・あ・るスタッフもこの研修を通して、施設の表示や普段の言動、スタッフ間の情報共有の仕方について見直し、様々な意見交換をすることができたので、今後の運営に活かしていきたいと思います。
今回の研修の様子をNHKさんが取材してくれました。期間限定ですが、以下のサイトよりご覧いただけます。
動画はこちら
10月21日スタッフ研修
ま・あ・るでは、スタッフ研修を通して、こどもたちの今と未来のためにできることを考え、日々のこどもたちとの活動を通して、こどもたちとともに学び、ともに成長しています。