プログラムレポート


プログラミング教室 ちびっこ親子講座の様子(2021年12月14日開催)

12月14日は、株式会社コサウェルさんにご協力いただき、【ステップアップ講座】プログラミング教室を開講しました。

【ステップアップ講座】とは、未就学児親子が新しいことにチャレンジしながら「できた!」という感覚を自信にしていくプログラムです。

 

▼前回の様子は、こちらのブログをご覧ください。

プログラミング教室 ちびっこ親子講座の様子(2021年11月9日・30日開催)

今回も、レゴ®We Do 2.0を組み立てて、プログラミングで光らせたり、音を出したり、走らせたりする講座を開催しました。

まずは組み立てです。

 

説明書を見ながら、色と形、向きや順番をきちんと確認しながら組み立てていきます。

2021年12月14日_プログラミング教室

 

土台を作って、モーターをつけて、大きな「スマートハブブロック」をつけてと、きちんと順番に沿って組み立てます。

組み立て説明書は、ブロックから人間に対してのプログラムみたいですね。

2021年12月14日_プログラミング教室

タイヤをつけて、モーターとタイヤをゴムでつないで連結させました。

2021年12月14日_プログラミング教室

ここが一番難しかったですね。

 

頭のパーツを作ってつなげれば完成です!

2021年12月14日_プログラミング教室

2021年12月14日_プログラミング教室

きちんと組み立てができると嬉しいですね。

 

 

今度は、このロボットを思った通りに動かすためのプログラム(ロボットを動かす「お願い」)をipadで組み立てていきます。

 

緑の三角が描いてあるスタートのブロックに、下にある色々なブロックをつなげてプログラムを作ります。

2021年12月14日_プログラミング教室

 

初めに「光らせる」プログラムをしました。

好きな色を選んだり、光る時間を長くしてみたり、挑戦しました。

白、赤、緑・・・色々な色に光らせることが出来ました。

 

次に「音を鳴らす」プログラムをしました。

2021年12月14日_プログラミング教室

色々な音を出してみました。カエルの鳴き声や蜂が飛ぶ音なども出すことが出来ます。

 

今度は「走らせる」プログラムをしました。

スタートブロックに、モーターを回すブロックをつけてスタートさせると、どこまでも走ってしまいます。

モーターを回転させる時間を何秒にするか決めて、プログラムをしました。

 

ただ前に走っていくだけだと、いちいちロボットを取りに行かなくてはいけないので、戻ってくるように「モーターを反対に同じ秒数回転させる」プログラムをしました。

2021年12月14日_プログラミング教室

これで、マットから動かずに、ロボットを遠くに行かせて、戻って来させることが出来ましたね。

 

2021年12月14日_プログラミング教室

3つの基本的なプログラムが出来たら、自由にプログラムを楽しみました。

クリスマスのイルミネーションみたいに様々な色を順番にピカピカさせてみたり、走っていって音を出して戻って来させたりと色々なプログラムが出来ましたね!