こどもクリエイティブタウン「ま・あ・る」

お店体験!おしごと体験!

こどもバザール

子どもたちがクリエイティブタウンの市民になり、「仕事さがしから、仕事体験、その後銀行でま・あ・る通貨【単位:まある】のお給料をもらう」まで、遊びを通じて社会に触れる「仕事ごっこ体験」をすることができます。

 

小学4年生以上の約100人が『こども店長』として『こども会議』を開催し、どんなお店をつくるのか、何をつくって売るのか、開店後に皆さんがどんな仕事をするのかなどを自分たちで考えてお店づくりをしています。

 

*こどもバザールでは小学生以上のお子様が仕事ごっこ体験ができます。

「こどもバザール」は土日祝に開催されています。平日は、こども店長不在のため「こどもバザール」(3F)は開催されていません。

「こどもバザール」は12:00~13:00の間、こども店長がお昼休み時間をとります。そのため、この間に紹介しているおしごとは、デザインのおしごとのみとなります。

*「こどもバザール」で作った商品は、“しごと”として作っていますので持ち帰ることができません。また、完成までに乾かしたり、直したりすることがあるため、買うことが難しい場合もございます。

 

こどもバザールの店舗

(第15期:7/16~9/11の期間)

市役所、銀行、ハローワーク
らくがきや、ビューティーショップ、プラバン屋、
デコめいし屋、ゆうびん局、ざっか屋、ゲーム屋、ミニロボ屋

 

 

<土日の未就学児の仕事ごっこ体験について>

*バザール開催日は、未就学児のお子様に銀行で250まあるプレゼントしています。

*未就学児親子で体験する「ちびっこファクトリー」を開催しており、小学生未満のお子様対象に「こどもバザール」で売る商品を作るワークショップを開催しています。できた作品は「ま・あ・る」が買い取ります(商品をお持ち帰りできる場合もあります)。ま・あ・る通貨を使ってバザールでお買い物体験をすることができます。

 

:平日の未就学児向けプログラムはコチラ